Recent Posts

連続テレビ小説 べっぴんさん 第1週 第1話 「想(おも)いをこめた特別な品」

【ストーリー】 昭和9年。主人公・坂東すみれ(渡邉このみ)は、繊維会社を営む父の五十八(生瀬勝久)、姉のゆり(内田彩花)と一緒に神戸の洋館で暮らしていた。ある日、すみれは入院中の母・はな(菅野美穂)にあげようと、初めて刺しゅうに取り組むが上手くできず、はなに渡すことができずにいた。そんなある日、すみれは屋敷に出入りする靴屋の麻田(市村正親)の下を訪れる。真剣に靴作りに取り組む麻田の姿を目にしたすみれは「下手でも思いを込めてものを作ることが一番大事」という麻田の言葉を胸に刻みこむ。その後、はなに会いに行ったすみれは、幾度となく作り直した刺しゅうを手渡す。それを見たはなは「べっぴんやな。一生の宝物や」と喜ぶのだった。それから8年後、17歳になったすみれ(芳根京子)は、女学校に通っていた。仲間の多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)と3人で手芸倶楽部を結成していたが、太平洋戦争の影響で生活の変化を余儀なくされる。そんなある日、すみれは幼なじみの潔(高良健吾)に召集令状が届いたことを知り、自分の恋心に気がつく。しかし、姉のゆり(蓮佛美沙子)も潔に好意を寄せていて……。
【出演】芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,名倉潤,永山絢斗,渡邉このみ,曽我廼家文童,宮田圭子
【作】渡辺千穂
【音楽】世武裕子
【主題歌】Mr.Children「ヒカリノアトリエ」(トイズファクトリー)
【演出】梛川善郎、新田真三、安達もじり
【プロデューサー】堀之内礼二郎
【制作統括】三鬼一希
平成28年10月3日(月)〜平成29年4月1日(土) 全151回
【総合】(月〜土)午前8時〜8時15分ほか
[再]午後0時45分〜1時
【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】 【anime】

【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【hulu】 【ビデオパス】 【アニメ】
【映画動画】 【動画】 【動画】 【U-NEXT】 【BlogRanking】
【TSUTAYATV】 【dTV】 【FODプレミアム】

人気タイトル一覧