グランド・クロス ドゥームズデイ・プロフェシー/DOOMSDAY PROPHECY

ある日、ヨーロッパで巨大地震が発生、地殻変動で黒海が消滅するという大災害となる。現地でこの様子を目撃した政府の捜査官ガルシア(ブルース・ラムゼイ)は、その事実を上官のスレイト将軍(アラン・デイル)に報告する。2万6千年に一度、太陽系と銀河系の赤道面が直列した時、世界は終わる。預言者ルパート・クレインの予言が現実となった瞬間だった。同じ頃、ニューヨークの出版社で働くエリック(A・J・バックリー)は、上司から作家でもあるクレインの原稿を取りに行くよう頼まれる。一方、考古学研究者のブルック(ジュエル・ステイト)もクレインに協力を求められ、彼の住むカナダの山奥へと向かっていた。世界各地で地震が続く中、彼らはクレインの家にたどり着くが、彼は既に亡くなっていて、その側にはビデオカメラと杖が残されていた。ビデオメッセージで杖に触れると未来を見られることを知った2人は、情報を得ようと追ってくるヘニング捜査官(リック・ラバネロ)を振り切り、大異変の謎に迫ろうとする――。その頃、政府の科学者たちは、巨大なブラックホールが地球に接近していることを突き止める。このブラックホールが地球を襲った厄災の元凶であることが判明、このままでは数日後に地球は滅びることに―。一方エリックたちは、杖が見せる未来の映像から、カナダの山奥に住む先住民の元を訪れていた…。
監督:ジェイソン・ボルク
出演:A・J・バックリー、ジュエル・ステイト、ブルース・ラムゼイ、リック・ラバネロ
制作年:2011年
制作国:アメリカ/カナダ
原題:DOOMSDAY PROPHECY
制作:リサ・ハンセン
脚本:ジェイソン・ボルク、ショーン・リンデン
収録時間:95分
【hulu】 【映画動画】 【動画を見る】 【ビデオパス】

【動画】 【動画】 【hulu】
【映画動画】 【動画】 【BlogRanking】 【TSUTAYATV】 【ビデオパス】

人気タイトル一覧