ハリー・ポッターと秘密の部屋/Harry Potter and the Chamber of Secrets

監督:クリス・コロンバス
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マギー・スミス
制作年:2002年
制作国:アメリカ
原題:Harry Potter and the Chamber of Secrets
制作:クリス・コロンバス
脚本:スティーブ・クローブス
原作:J・K・ローリング
音楽:ジョン・ウィリアムス
時間:161分
【ストーリー】夏休み、ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。初めての友人も出来て、夢のようだったホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。そしてドビーはハリーにホグワーツに戻ってはならないと警告する。だがそれを拒否したハリーの前でドビーはケーキに浮遊術をかけ、ハリーの仕業と見せかけてマグルの前で魔法を使ってしまう。その後ドビーは「姿くらまし」し、ハリーを学校に行かせないために退学にさせようとした。その後ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、規定に違反したとして魔法省から警告を受ける。部屋に監禁されたハリーは、ロン・ウィーズリー、フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリー達に空飛ぶフォード・アングリアで救いだされて、ウィーズリー家へと向かった。
新学期の新しい教科書を買うために訪れたダイアゴン横丁で、ハリーはホグワーツの森番、ルビウス・ハグリッドや親友のハーマイオニー・グレンジャーと再会する。書店ではハンサムな魔法使いギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていて、有名であるハリーと彼は一緒に日刊予言者新聞の記者に写真を撮られ、教科書に指定されている彼の自伝7冊全てを贈られる。その後、一行はスリザリン生のドラコ・マルフォイとその父親、ルシウス・マルフォイと出会い、ロンの父親のアーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩になるがハグリッドに止められる(映画ではドラコ・マルフォイの「学校で会おう」で終わっている)。
新学期、キングズ・クロス駅の9と3/4番線へつながる柵を何故か通り抜けられなくて柵に激突したハリーとロンは、ホグワーツ特急に乗り遅れたためにアーサーが魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かった。フォード・アングリアはホグワーツの敷地内にある暴れ柳に激突し、そのためにロンの杖は折れ、車は2人を降ろして禁じられた森へと走り去った。途中でマグル(非魔法族)に空を飛んでいるところを見られたこともあり、退学処分を免れたが2人は罰則を受け、ロンは母親から吼えメールで散々叱られ、杖は折れたものをそのまま使用しなければいけなくなった。
【hulu】 【映画動画】 【動画を見る】 【ビデオパス】
【動画】 【動画】 【hulu】
【映画動画】 【動画】 【BlogRanking】 【TSUTAYATV】 【ビデオパス】

人気タイトル一覧