ザ・ウォーター・ウォー/También la lluvia

【ストーリー】新大陸を発見したクリストバル・コロンの映画を撮影するために、ボリビアのコチャバンバへ赴いた監督のセバスティアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)や、プロデューサーのコスタ(ルイス・トサル)らの一行。 しかし現地では欧米企業が水道事業を独占し水道料金を大幅に値上げしており、住人が苦しんでいる最中であった。 エキストラ応募者たちの中からスタッフが目をつけた先住民族の、ダニエルは撮影の合間に抗議活動に参加し、投資家たちからの資金を気にするセバスティアンは頭を悩ませる。やがて彼らの目の前で起こる抗議行動は、作品内で扱う新大陸の植民地支配とオーバーラップしていく……。
監督:イシアル・ボジャイン
出演:ルイス・トサル、ガエル・ガルシア・ベルナル、カラ・エレハルデ、フアン・カルロス・アジュビリ
制作年:2010年
制作国:スペイン / フランス / メキシコ
原題:EVEN THE RAIN(Tambien La Lluvia)
制作:フアン・ゴルドン
脚本:ポール・ラヴァーティ
時間:99分
2000年初頭に起こった“水戦争”と呼ばれる、ボリビアの民衆と欧米企業との水道事業を巡る攻防を、映画制作の場を通し描いた社会派ドラマ。監督は「エル・スール」などに出演し女優としても活躍するイシアル・ボジャイン。脚本は「麦の穂をゆらす風」のポール・ラヴァーティ。出演は「スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜」のルイス・トサル、「私だけのハッピー・エンディング」のガエル・ガルシア・ベルナルなど。「ネイムレス 無名恐怖」のカラ・エレハルデが劇中劇で、新大陸を発見したクリストバル・コロンを演じ、2011年ゴヤ賞助演男優賞を獲得。 2011年ベルリン国際映画祭パノラマ部門観客賞受賞作品。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2013』にて上映。
【hulu】 【映画動画】 【動画を見る】 【ビデオパス】
【動画】 【動画】 【hulu】
【映画動画】 【動画】 【BlogRanking】 【TSUTAYATV】 【ビデオパス】

人気タイトル一覧