Recent Posts

ぼくを葬る/LE TEMPS QUI RESTE

突然余命3ヶ月の運命を宣告された、若く美しい青年が、自らの死を真摯に受け止めることで、そこに残された少ない生を見つめていく。 「まぼろし」で”最愛の人の死”をテーマに描いたオゾン監督が、「自分の死」を正面から描きとったいのちの物語。パリでファッション・フォトグラファーとして忙しい日々を送っていたロマンは、ある日、医者から余命3ヶ月という衝撃の事実を告げられる。 同棲中の恋人に別れを告げ、家族にも秘密にしたまま、自分の死と向かい合うことを決めたロマンだが、唯一の理解者である祖母ローラにだけは真実を話した。 刻々と迫る命の期限。残された時間で何ができるのか。ロマンはふと、カフェで出会った女性、ジャニィの頼みごとを思い出す。
監督:フランソワ・オゾン
出演:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ダニエル・デュヴァル、マリー・リヴィエール、クリスチャン・センゲワルト、ルイーズ=アン・ヒッポー
製作:オリヴィエ・デルボス マルク・ミソニエ
脚本:フランソワ・オゾン
製作国 フランス
原題 Le Temps qui reste, 英題 Time to Leave
製作年 2005年

【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】 【anime】

【動画】 【動画】 【hulu】 【ビデオパス】 【アニメ】
【映画動画】 【動画】 【動画】 【U-NEXT】 【BlogRanking】
【TSUTAYATV】 【dTV】 【FODプレミアム】

人気タイトル一覧