Recent Posts

大臣と影の男

運輸大臣のベルトランは、派閥に属さずに孤立した存在となっているが、有能なベテラン秘書官のジルや報道顧問のポーリーヌをはじめとする側近たちの支えにより、主義を曲げない硬骨漢として国民から支持されている。ところが、ベルトランがかねてより反対を公言していた国鉄民営化が国の赤字解消のために避けられないものとなると、ジルはベルトランに、方針を変えて運輸大臣として民営化の指揮を執るべきと現実的なアドバイスをする一方で、自論に反するとして秘書官を辞すると告げる。対応に苦慮する中、大統領に雇用連帯省への異動を命じられたベルトランは、民営化の指揮を執らずに済むことになり、ジルが辞職する必要がなくなったことを素直に喜ぶ。しかし、ベルトランを呼び出した大統領はベルトランに、民営化問題で失った政府の支持率を回復するために働くように言明するとともに、ジルの目の前でジルを秘書官から外すと告げる。ベルトランは大臣の座を得た代わりに親友でもあった長年のパートナーを失うことになった。
監督:ピエール・ショレール
出演:オリヴィエ・グルメ、ミシェル・ブラン、ザブー・ブライトマン、ロラン・ストーケル、シルヴァン・デブレ、ディディエ・ベザシュ、ジャック・ブーデ、フランソワ・シャト
制作:ドゥニ・フロイド
脚本:ピエール・ショレール
原題:L’exercice de l’Etat
制作年:2011年
制作国:フランス
時間:112分
【hulu】 【映画動画】 【動画】 【ビデオパス】 【anime】

【動画】 【動画】 【ビデオパス】 【アニメ】 【hulu】 【dTV】
【映画動画】 【動画】 【動画】 【U-NEXT】 【BlogRanking】
【TSUTAYATV】 【FODプレミアム】

人気タイトル一覧