月別アーカイブ: 2016年7月

復讐したい

2011年に発表された山田悠介のホラー小説。およびそれを原作とした2016年公開の日本のホラー映画。
【ストーリー】2019年の日本、犯罪被害者が報復によって加害者となることを防ぐ救済法案として、重大な犯罪の被害者や被害者遺族に復讐の機会を与える「復讐法」が成立された。その翌年の2020年6月、弁護士一家殺害、毒ガス「ソマン」散布テロなど数々の凶悪事件を引き起こしていた宗教団体「世界プラーナ教団」の教祖・神河聖徳とその信者たちが一斉に逮捕される。世間はこの話題一色に染まり、マスコミは「被害者遺族は『裁判』と『復讐』のどちらを選択するのか」に注目した。それと同じ頃、高橋泰之は妻の泉を見ず知らずの男・小寺諒に殺害される。
監督 室賀厚
出演 水野勝、高橋メアリージュン、上野優華、クノ真季子
制作年 2015年
制作国 日本
脚本 室賀厚、赤松義正
原作 山田悠介
時間 98分
続きを読む

サンシャイン2057/Sunshine

2007年のイギリス映画。
【ストーリー】西暦2057年、太陽はその輝きを弱め、地球は氷に閉ざされた世界になっていた。死に近づいた太陽に向かう宇宙船イカロス2号には、日本人船長カネダをはじめ、副船長のハーヴェイ、物理学者のキャパ、精神科医のサール、植物学者のコラゾン、エンジニアのメイスとトレイ、パイロットのキャシーで成る国際色豊かな8人が乗り込んでいた。彼らの使命はマンハッタン島ほどもある核爆弾で太陽を再活性化させることであった。しかし、イカロス2号がスイングバイのため水星に接近した際、7年前(つまり「2050」年)に原因不明のまま消息を絶ったイカロス1号からの救助信号を受け取る。地球の存続のためそのまま太陽に向かうか、まず1号の救助に向かうかでクルー達は激しく議論を交わすが、結局軌道を修正しイカロス1号へ向かうことにする。しかし、その途中で軌道修正を担当したトレイが太陽光線を遮蔽するためのシールドの角度を修正し忘れる。このミスにより、シールド表面のパネルを損傷する。また、その修理中に酸素や食物を生成する菜園に火災が発生し、大部分の酸素と酸素製造能力を喪失してしまう。その際爆発の反動により船体が回転し、それを修正するためイカロス2号は自動制御に入る。ミッション遂行のために船員はイカロスの判断を却下せず、修理作業のためぎりぎりまでシールド上を動くことができなかったカネダは強烈な太陽光線に焼かれて死んでしまう。
監督 ダニー・ボイル
出演 キリアン・マーフィ、真田広之、クリス・エヴァンス、ミシェル・ヨー
制作年 2007年
制作国 アメリカ
原題 Sunshine
制作 アンドリュー・マクドナルド
脚本 アレックス・ガーランド
時間 108分
続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ/Sex and the City

【ストーリー】 テレビシリーズから4年後、ビッグ(クリス・ノース)とキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は落ち着いた関係を継続させ、共に棲むアパートを探していた。33番目に見た部屋は大変酷いものだったが、そのアパートの最上階にあった物件は、キャリーが楽園と例える程の素晴らしいものだった。唯一の欠点である小さなクローゼットは、ビッグが広く美しいものに改築すると約束し、キャリーは承諾。2人はそのアパートに住むことにした。そんな中キャリーは、ミランダ(シンシア・ニクソン)、シャーロット(クリスティン・デイヴィス)、LAから遊びにきたサマンサ(キム・キャトラル)の3人とクリスティーズのオークションハウスへ出向く。サマンサの目当ては女優ブレア・エルケンが出品した花の指輪だった。その指輪は、彼女が3度離婚歴のある男性と、結婚することなく10年過ごした挙句、ある日突然捨てられ、腹いせにこのオークションに出品したものであった。その話を聞いたキャリーは脳裏に少しの不安がよぎった。その夜、キャリーはビッグにある提案をする。今自分が住んでいるマンションを売り、新居の購入資金に当てることで、法的にも2人の部屋にしたいということだった。その話を聞いたビッグは「結婚する?」と言った。キャリーは戸惑いながらも、快く受け入れ、2人は近々結婚式をあげることとなった。
出演 サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン、クリス・ノース、ジェニファー・ハドソン
監督 マイケル・パトリック・キング
脚本 マイケル・パトリック・キング
原作 キャンディス・ブシュネル、ダーレン・スター
製作 サラ・ジェシカ・パーカー、ジョン・メルフィ、ダーレン・スター、マイケル・パトリック・キング
音楽 アーロン・ジグマン
上映時間 145分
ジャンル コメディ、ドラマ、ロマンス
続きを読む