タグ別アーカイブ: サスペンス

復讐したい

2011年に発表された山田悠介のホラー小説。およびそれを原作とした2016年公開の日本のホラー映画。
【ストーリー】2019年の日本、犯罪被害者が報復によって加害者となることを防ぐ救済法案として、重大な犯罪の被害者や被害者遺族に復讐の機会を与える「復讐法」が成立された。その翌年の2020年6月、弁護士一家殺害、毒ガス「ソマン」散布テロなど数々の凶悪事件を引き起こしていた宗教団体「世界プラーナ教団」の教祖・神河聖徳とその信者たちが一斉に逮捕される。世間はこの話題一色に染まり、マスコミは「被害者遺族は『裁判』と『復讐』のどちらを選択するのか」に注目した。それと同じ頃、高橋泰之は妻の泉を見ず知らずの男・小寺諒に殺害される。
監督 室賀厚
出演 水野勝、高橋メアリージュン、上野優華、クノ真季子
制作年 2015年
制作国 日本
脚本 室賀厚、赤松義正
原作 山田悠介
時間 98分
続きを読む

レフト・ビハインド/LEFT BEHIND

原作はティム・ラヘイ、ジェリー・ジェンキンズの小説『レフトビハインド』をヴィク・アームストロング監督がニコラス・ケイジ主演で制作された2014年スリラー映画。
【ストーリー】 アーカンソー中央大学の学生、クローイ・スティールは父親でパイロットのレイフォードの誕生日パーティーに顔を出すべく、飛行機で実家に向かっていた。ところが、クローイの母親であるアイリーンからの電話で、レイフォードがパーティーに出席できないことを知らされた。空港でレイフォードを待っている間に、クローイは管制官のキャメロン・ウィリアムズに会った。レイフォードは飛行機に向かう途中にクローイと会い、仕事のためにパーティに参加できないことを謝罪した。また、クローイに自分とアイリーンの仲は大丈夫だと伝えた。アイリーンはキリスト教の熱心な信者になってしまい、そのことがクローイの悩みの種となっていたのだった。クローイは両親が仲違いをしているのではないかと疑っていた。なぜなら、クローイはレイフォードがキャビンアテンダントのハティーといちゃついているところを見てしまったからである。空港の職員がレイフォードが注文したという入手困難な芝居のチケット2枚をクローイに手渡したとき、疑いは確信に変わった。クローイはレイフォードがロンドンへ行くのは、不倫のためだろうと思った。
出演者 ニコラス・ケイジ 、 チャド・マイケル・マーレイ 、 キャシー・トムソン 、 ニッキー・ウィーラン 、 ジョーダン・スパークス 、 リー・トンプソン
監督 ヴィク・アームストロング
脚本 ポール・ラロンド 、 ジョン・ペイタス
原作者 ティム・ラヘイ 、 ジェリー・B・ジェンキンス
音楽 ジャック・レンツ
製作年:2013年
製作国:アメリカ
原題:LEFT BEHIND
続きを読む

ウェントワース女子刑務所 シーズン2/Wentworth Season2

本作は、オーストラリア史上歴代No.1の視聴率を誇る、人気ドラマ「Prisoner Cell Block H」のリメイク作品。虐待を続ける夫への殺人未遂の容疑で、ウェントワース女子刑務所へ収監された普通の主婦、ビー・スミスが、クセ者揃いの檻の中で、いかにして生き抜いていくかを描いた海外ドラマ。スリリングに展開するストーリー構成と、ワケあり女囚人たちのドロドロでキケンな格付けバトルが、30代女性を中心に話題となった。
【ストーリー】 ビー・スミスは、夫への殺人未遂容疑で、ウェントワース女子刑務所へと収監される。かなり曲者揃いの中で、彼女はまだ刑務所の暮らしには右も左も分からない状態。ただ思うのは、家に残して来た娘に逢いたい……。そんな彼女の願いを利用する者達、麻薬の運び屋を強要されたり、嫌がらせを受けたり。女囚達は熾烈な派閥争いの真っ最中で、ビーもまたそれに巻き込まれて行く。そんな中、犯人不明の刑務所長殺人事件が起きる。ここで生き抜く為、もう一度娘に遭う為、ビーは決断を迫られる―。壮絶な頭脳戦を制して、主人公ビー・スミスがいかにして『伝説』と呼ばれるまで上り詰めたのか、その知られざる物語が今、明かされる。
出演 ダニエル・コーマック ニコール・ダ・シルバ ケイト・アトキンソン セリア・アイアランド シャリーナ・クラントン アーロン・ジェフリー  ロビー・マガシヴァ パメラ・レーブ カトリーナ・ミロシェヴィッチ
企画 ララ・ラドゥロヴィッチ
製作総指揮 ジョー・ポーター
原案 レジ・ワトソン
脚本 ピート・マクタイ
製作国 オーストラリア
制作年 2014年
原題 WENTWORTH Season2
続きを読む