タグ別アーカイブ: レディ・ダ・ヴィンチの診断

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第10話(最終話)天才外科医ついに復活!

【ストーリー】
藤原ひかり(根岸姫奈)は、2年前に亡くなった娘の真央(藤澤遥)が、自らの命に代えて助けた患者ーーそれに気付いた志帆(吉田羊)はひかりのオペの執刀を申し出るが、手術当日、突然頭痛に襲われ倒れてしまう。志帆に代わり、モヤモヤ病の手術を執刀したのは雪野(相武紗季)。しかし、実際には手の施しようがなく、助けるには手術可能な病院に転院するか、脳神経外科医として腕の立つ志帆が執刀するしかない。
一方、志帆が脳動脈瘤を抱えていることが分かり、ついに北畠(高橋克典)は2年前に志帆の身に起きた出来事を解析診断部のメンバーに打ち明ける。雪野もまた、志帆が幻覚を見ていることを明かす。たとえ幻覚でも愛する娘との生活を続けるため、脳動脈瘤に気付きながら放置していた志帆。一同は、そんな志帆の思いに胸を痛めるが、それでも葉子(伊藤蘭)は「オペを執刀するなら脳動脈瘤の摘出が必要」と断言。
それは、もう真央の幻覚を見られなくなることを意味する。ひかりの命を救うか、真央の幻覚を取るかー。葉子からその選択を一任された志帆は、この2年間の奇跡のような日々を真央と語り合い、やがて一つの答えを導き出して……。
続きを読む

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第9話 運命の小さな患者との再会

【ストーリー】

将来を有望視されている天才ピアノ少女・藤原ひかり(根岸姫奈)が、コンクールに出場した直後に意識を失い、けいれんを起こして運ばれてくる。病名が分からず解析診断部で受け入れることになり、ひかりと対面した志帆(吉田羊)は、彼女と以前に会ったことがあるような気がするが、思い出せない。翌日、ひかりが一カ月ほど前から、度々意識を失っていたことを知った志帆。ピアノ講師によると、その頃からフルートの練習を始めたという。そんななか、お茶を飲んでいたひかりが突然胸を押さえて苦しみ出し、その処置中、志帆がひかりの背中に見覚えのある傷痕を発見。目の前にいる少女が背負った運命に気付き、あぜんとする。 心臓を詳しく調べた結果、ひかりは狭心症を発症していることが判明。意識消失とけいれんもモヤモヤ病によるものだと分かり、どちらの病気も発症のきっかけは過換気だった。狭心症は投薬治療で改善が見込めるものの、モヤモヤ病は脳外科手術が必要。オペの執刀医は雪野(相武紗季)になると誰もが思った瞬間、「私がやる」と名乗りをあげたのは、志帆だった。「どうしても私の手で、ひかりちゃんを助けたい」という言葉に葉子(伊藤蘭)は執刀を許可するが、雪野はいつもと違う志帆の様子が気になる。その真意を尋ねる雪野に、志帆は2年前に起きた爆発事件の現場に、自分たち親子とひかりがいたと話し出し…。
続きを読む

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第8話 人食いバクテリアに感染!?

【ストーリー】
「幻覚を見ているんですよね?」ーー雪野(相武紗季)が志帆(吉田羊)に尋ねると、志帆は「誰かに迷惑をかけているわけではない」と答え、娘の姿がたとえ幻覚であろうと意に介さない様子。 一方、葉子(伊藤蘭)が出演する番組の収録中に、こわもてで売っている大御所俳優・堂島謙三(大和田伸也)が突然倒れる。右腕の痛みを訴えて苦しむ堂島を診察すると、右腕に発赤がみられ、それは時間の経過とともに広がっていく。
続きを読む